飲食店

モスが期間限定でベジバーガーを発売。野菜だけのヘルシーな一品

Written by 言祝(kotoho)

コーンとレタスだけで仕上げました

ベジテリヤキバーガー コーンの香ばし揚げ

モスバーガーが4月1日から期間限定でビーフパティなしのベジバーガーを発売すると発表しました。

その名も

ベジテリヤキバーガー コーンの香ばし揚げ

具材はレタスとコーンのかき揚げのみ。

シャキシャキした触感のレタスとコーンの甘味が楽しめる野菜だけで仕上げたバーガーは発売前から注目を集めています。

モスバーガーはすでにパティの代わりに米飯を採用したライスバーガーを発売するなど、既存のハンバーガーの概念を覆すユニークな商品を発売していることで他のファストフード店との差別化を図っています。

パティなしのハンバーガーが出来ないか

ベジバーガーはパティなしのハンバーガーを作れないか、という消費者の声に応えて開発されたものだそうです。

ハンバーガーは美味しいけれどカロリーが気になるという昨今のヘルシー志向を反映した商品展開といえるのではないでしょうか。

ヘルシー志向にピッタリ

筆者はハンバーガーが大好きです。

自慢ではないですが週に3回はファストフードで食事をしています。

そこで気になるのはカロリーです。

サイドメニューで野菜などを意識的に摂るようにはしていますが、運動もしないで肉ばかり食べていると体型が気になりますよね。

モスのベジバーガーは照り焼きソースと絡めたコーンのかき揚げがアクセントとなっていて、野菜だけの物足りなさを補っているようです。

価格は税込み

270円

値段もヘルシーですね。



スポンサーリンク

ハンバーガーの歴史

タルタル人が起源

さてここでハンバーガーの歴史を振り返ってみましょう。

ハンバーガーといえばその名の通りハンバーグをパンで挟んだ、一種のサンドイッチです。

主役ともいえるハンバーグですが、もともとは遊牧民族であるタルタル人(タタール人と呼ぶ説もあります)が馬肉を食べる際の調理方法に起源があるといわれています。

馬肉はそのまま食すと筋が硬くて美味しくない。

そこでひき肉のように細かく刻んで食していたのがハンバーグの原型です。

これがドイツに伝わり、ハンブルグで労働者の食事として発展しました。

ドイツからアメリカへ

18世紀になりドイツからアメリカに移民してきた人々がハンバーグを持ち込みました。

ハンブルグ風ステーキがやがてアメリカでポピュラーな料理となりハンバーグステーキへと発展していったのです。

ではハンバーガーはどのようにして発明されたのでしょうか?

万国博覧会で初登場?

ハンバーガーの起源には諸説あります。

一番有力なのが1904年に米国セントルイスで開催された万国博覧会にてハンバーグを丸いパンで挟んだものを「ハンバーガー」という表記で販売したのが始まりであるという説です。

日本に入ってきたのが、戦後、米軍を通じてといわれています。

さて話は戻りますが、モスのベジバーガー、ファストフード好きとしては一度食べてみなければなりませんね。

まさケロンのひとこと

野菜だけのハンバーガーってホンマにヘルシーやなぁ~
値段も安いからいっぺんたべてみたな!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」