美容

ムダ毛処理きちんとしてますか?夏に向けて正しいケアを

Written by ちょこばなな

暖かくなってだんだんと着る服も薄くなってくるこの時期、そろそろムダ毛が気になる季節ではないでしょうか?

  • 背中

と気になるところはたくさん。

できたらどれもツルツルの状態で出かけたいですよね?

今回はそんなムダ毛処理のケアのポイントなどを調べてみました。



スポンサーリンク

ムダ毛処理のポイントは?

ムダ毛ってせっかく綺麗に剃ったり抜いたりしても結構すぐ生えてきちゃっていやですよね。

しかも、肌にダメージを与えてしまいますし・・・

かといって足や手を出した服を着ているのに生やしっぱなしはどうかとも思ってしまい、処理はしなくちゃと思ってしまう。

ではどうすれば少しでもダメージを少なくして処理できるのでしょうか?

まず毛の仕組みを理解しよう

仕組みを知ることでより効率よくムダ毛処理ができるようになります。

私たちの身体には

約100万本~150万本

の毛が生えています。

毛は成長期(毛が伸びる期間)→退行期(毛が抜けるまでの期間)→休止期(毛が抜けて次の毛が生えてくるまでの期間)→成長期

を繰り返しています。

剃って処理する場合

昔カミソリで毛を処理すると太くなるという話がありましたがあれは迷信ですので安心して処理してくださいね!

処理の仕方ですが、まずお風呂に入ったり蒸しタオルで剃る場所を温めたりして、毛穴を開き毛自体も柔らかくしておきます。

毛が柔らかくなることでより剃りやすく、カミソリも引っかかりにくくなります。

次に摩擦と肌への負担を減らすためにシェービングクリームやワセリンなどをまんべんなく塗ります、その後肌をピンと張るようにして毛の流れと逆方向にカミソリを滑らせます。

この時力を入れないように気をつけてくださいね。

剃り残しがないか確認してきっちり剃り終わったら、シェービング剤を取って保湿をしてあげてください。

専用のケアアイテムなどもあるのでそちらを使うのもオススメです。

剃った直後の肌は敏感なのでできるだけ余計なダメージを与えない為にも、熱いお風呂やゴシゴシ洗うのは厳禁です。

できれば毛を剃る前に身体は洗っておきましょう。

また剃った後毛が皮膚の中に埋まってしまっていることがあると思いますが、そういう時はその部分をスクラブ剤でピーリングしてあげて、埋もれた部分をもんだりねじったりしてあげると
出やすくなるそうです。

使用した後のカミソリは綺麗に洗って乾燥しているところで保存するようにしましょう。

抜いて処理する場合

ムダ毛を

  • 電気脱毛器
  • 脱毛テープ
  • 脱毛ワックス

などで処理する場合、処理する前にあらかじめムダ毛を3~5mmほどに、短くしていると脱毛効果があがる上に痛みも少なくなるのでオススメです。

また脱毛テープや脱毛ワックスを使用した後残ってしまった毛は毛抜きなどで抜いてあげてください。

抜いた後赤くなったりかゆくなった場合は濡れタオルなどでクールダウンさせてあげてください。

夏まであと少し!

ツルツルボディを手に入れてオシャレを楽しんじゃいましょう。

まさケロンのひとこと

いうてる間に、もう春やねぇ~
このちょうしでいったら夏までホンマにすぐやで!
ムダ毛の処理は、早めにやっときやぁ~

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ちょこばなな