ライフスタイル

こたつでおしゃれな部屋を構築するために!インテリアとしての「こたつ」

Written by たき

寒い冬は、こたつみかん

これ、冬の定番という方も多いんではないでしょうか。

頭がぼ〜っとしたり、乾燥しすぎたりするヒーターやエアコンと違って、「頭寒足熱」を地でいく「こたつ」は、とっても理にかなっていて、すばらしい暖房器具ですよね。

しかも、電気代もお安いし、一石二鳥♪

まぁ、入ったら最後、出てこれない・・・というデメリットもあるにはありますが、ね。

ところで、この「こたつ」。

お部屋の大半を占めてしまうし、カッコが良くないし、お部屋をうつくしく維持できない・・・なんて意見もあって、敬遠されてしまうことも多いんです。

しかしですね、「こたつ」も、進化を遂げているのです!

最近では、さまざまなタイプなものが発売されていて、お部屋のインテリアとしても、おしゃれに、無理なく配置可能なものが多いんですよ。

魅力満載な「こたつ」について、ご紹介しましょう。



スポンサーリンク

「こたつ」の基礎知識♪

こたつとは、熱源の上に「炬燵櫓(こたつやぐら)」を組んで、さらにその上から布団をかけたもののことです。

熱源は、もともと炭を使用していましたが、練炭コンロを入れて使う練炭炬燵が普及し、やがて燃料に豆炭を使う豆炭炬燵が広まっていきます。

まぁ、当時は、火事や、一酸化炭素中毒などの事故も頻繁に起きていたようですね。

さて、現在の「こたつ」のもととなる赤外線を熱源とした電気炬燵は、横山良一氏(当時は、北陸電力社員、のちに北日本放送社長)の手により1956年に登場しました。

実は、当初発売されていた電気炬燵は熱源部分が白かったのだそうです。

そのため、当時は、多くの人が

「これで本当に温まるのだろうか?」

と疑い、なかなか購入するにいたらず、売り上げが伸びなかったのだそうです。

そこで見た目にわかりやすく、と、いうことで、企業は熱源部分を赤くして、いかにも暖かそうだと言うことを表現した商品を1960年頃に発売したところ、売り上げがどんどん伸びていきました。

「こたつ」は、漢字での現在の表記は

「炬燵」

が一般的ですが、

  • 室町時代には「火闥」
  • 江戸時代には「火燵」

と書いていたそうですよ。

もともとの「こたつ」の起源は、禅宗の僧侶が中国から持ち込んだ「あんか」ではないかといわれています。

お部屋のインテリアとしての「こたつ」

こたつをお部屋に置くと、どうしても、お部屋が狭くなってしまったり、野暮ったくなってしまったり・・・という悩みがありますよね。

それを解決する方法をいくつか、ご紹介しましょう。

素材を合わせる

「こたつ」の掛け布団と敷いてあるラグを同じ素材にすると、一体感が生まれて、お部屋がすっきり見えます。

色を合わせる

「こたつ」の天板の色を部屋のソファーやテレビ台の色と合わせたり、こたつ布団をカーテンの色と合わせたりすると、お部屋に統一感が生まれて、おしゃれにすっきり見えます。

畳を敷く

フローリングの場合は、そこに畳を敷いてみたりすると、オシャレ度がアップしますし、防寒にもなります。

洋風のお部屋にはチェア付きのこたつ!

完璧に洋風スタイルのお部屋には、チェア付きの背の高いこたつがオススメです。正座の苦手な人にもよいし、違和感がありません。

丸いこたつにする

最近はいろいろなかたちの「こたつ」が販売されていますが、楕円形や丸形のこたつは、部屋が広く見えますし、布団を外せば、一見こたつだとわかりませんので、不要な季節もおしゃれに使えますよね。

布団レスのこたつにする

なんと、最近は、布団のいらない、布団レスの「こたつ」もあるんです。

光ヒーターを使っているため、布団特有の悩み、ヨゴレとか、ダニの発生、不衛生が気になる・・・なんていうのも解消です!

そうそう、今は、ヒーター部分が露出しないようになっているものも、多いんですよ。

「こたつ」には、見えませんし、お部屋もオシャレに広く見えますよね。

ソファをしまう

「こたつ」と「ソファ」の共存をあえてやめてみるのはいかがでしょう。

やはり、和と洋ですし、部屋を大きく占めてしまうこの2つは、それだけで圧迫感があります。

冬に「こたつ」を出すときには、「ソファ」を他の部屋に退避させてみてはいかがでしょうか。

海外にも、ある「こたつ」

こたつと同じような暖房器具は、海外にも存在するんですよ。

イラン

イランには、「コルシ」(Korsi)と呼ばれるものがあります。

スペイン

また、スペインのアンダルシア地方のものは、ブラセロ(es:Brasero)と呼ばれ、オリーブの実の絞りかすなどを燃料とした「あんか」を使った、椅子に座って使うこたつがあるんだそうです。

「こたつ」は日々進化している

日本人の暮らしに密着している「こたつ」。生活様式にあわせて、現在はさまざまに進化をとげているんですね。

私的には、布団レスの「こたつ」なんかは、これからのインテリアスタイルとして、とっても注目したいところです。

こたつはダサイ・・・なんて、おっしゃらず、今一度、見直してみるのもいいですよね。

あ、でも、いくら気持ちいいからと言って、こたつで寝てしまうのはおやめになってくださいね!結構、リアルに健康被害があるんですね。

特に、こたつ眠ってしまうといろいろとよくないんです。

それについては、「こたつでの居眠りに注意!便秘にもなっちゃいます」でご紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください!

こたつで寝るのは気持ちが良いので・・・くれぐれも、誘惑に負けませんように♪

まさケロンのひとこと

日本以外にもこたつがあったとは知らんかた!
掘りごたつもええけど、やっぱり寝転べるこたつがええなぁ~
そんで、そこで寝ちゃったりとか・・・

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。